生後3,266日/お留守番はちょっと寂しい/図書館で借りてきた本

お留守番はちょっと寂しい

午前中はこちらの用事があり、娘には留守番をお願いした。午後も1時間ほど外出。感想は「大丈夫だよ」みたいなことを言っていたが、夜に妙にくっついてきて「一人だと寂しい」と言っていた。こういうのは珍しい。長時間の留守番はまだ難しいかな。

図書館で借りてきた本

都会まちのトム&ソーヤ(外伝 16.5)』『都会まちのトム&ソーヤゲーム・ブック「修学旅行においで」』『都会まちのトム&ソーヤゲーム・ブック「『館』からの脱出」』『ふしぎな500のぼうし』『おじいさんのマフラー 小さな心のスケッチ』『火曜日のごちそうはヒキガエル』『もうひとりのぼくも、ぼく』『魔女のたまご』『[新版]くらべる図鑑』『たくさんのふしぎ 2020/2「極夜の探検」』

asin:4062694581:detail

asin:4033480706:detail

『ふしぎな500のぼうし』はついこの間も借りた(→2020年7月21日:生後3,252日)。2週間借りたので返却前に読んでみたらナンセンスなドタバタで面白く、返却してから「あれ面白いね」という話をしたら当の娘は読んでいなかったことがわかったためまた借りた。「どろんこハリー」のような古いタッチの絵柄で原書は戦前の発行である。このようにテンポがいい話がずいぶん昔に書かれていたんだな。

『魔女のたまご』は以前借りたことがあるような…と思いつつ借りたらやっぱり借りたことがあった(2017年4月26日:生後2,070日)。

[新版]くらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+プラス)

[新版]くらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+プラス)

  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本